« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

本気モード

これまでは馴染みがあるということで池袋西武口での購入がほとんどでしたが、今回はとうとう本気モードで闘いに臨むことにしました。あの有名な西銀座チャンスセンターでグリーンジャンボを購入しました!グリーンジャンボ、もらった!

2/13~2/15は豊洲に出張だったのですが、電車の乗り換えでちょうど有楽町駅を使用する機会がありました。グリーンジャンボの発売日は2/14。このタイミングでいつもの通勤では縁のない有楽町を使うなんて、これは何かしらの暗示ではなかろうか!

大混雑が予想された発売当日は避け2/15に売り場に行ってみると並びはゼロ。まったくラッキー続き。フフフ、とうとう俺にも運が回ってきたか。とほくそ笑みながら早速購入して帰路につこうとすると、なんと通路を隔てた別の売り場には長蛇の列が・・・。ナヌ、そういうことか!西銀座チャンスセンターは通路を隔てて売り場が2つあるのです。そして、同じ売り場でもさらに人気の窓口というのがあるみたいです。あぁ、宝くじは奥が深いのぅ。

肩を落として帰路についたのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WE ARE DREAMER

2月1日、午後年休を使ってさいたまスーパーアリーナに行ってきました。目的は・・・布袋のライブです!

Photo

これまでこのブログにも何度か私がギターを始めたきっかけは布袋の影響と書いてきましたが、そのくせ実は一度もライブは観たことがなかった。布袋ソロよりBOOWYの布袋が好きだったので。ところが、昨年会社の同僚が布袋のライブBlu-Rayを貸してくれたので観てみたら、BOOWYやCOMPLEXの曲を結構たくさん演奏しているし、何よりもかっこいい!と感激。早速、年末のライブチケットを取ろうとするも渋谷公会堂という狭いキャパだったためあえなく撃沈。諦めていたところに2月1日のライブ情報。どうせまた取れないだろうと思って申し込みもしませんでした。

その後しばらくして音楽情報サイトに「高橋まことがゲスト出演することに決定!」との記事が。これは行きたい!一方、今回はさいたまスーパーアリーナということで席も大分余裕がある模様。ということでとりあえず調べてみると、あっさりと簡単にチケットが手に入りました(まあ、席は良くなかったですけど)。

Photo_2

布袋の50歳の誕生日記念ライブということで、お祝いの花多数。高橋まことはあっても、氷室からは当然なかった。。

さて、ライブの感想を。まずネガティブなことから。音、悪すぎ。これまで様々なライブを観てきましたが、ギター、ボーカルの音割れがひどくダントツで最悪でした。座席によって違うようですが。次にその座席。スタンド席の後ろから2列目!まあ、これは出遅れた自分が悪い。そして最後。期待したほどBOOWY、COMPLEXの曲は演奏せず、聴いたことがないソロ曲が半数近く・・・。ただこれは当然のことで、勝手に期待していた私が悪い。

これからはポジティブな感想。1曲目にB・Blueが始まった時にはもう涙目に。あの名盤Last Gigsを彷彿とさせます。うん、やっぱ1曲目はB・Blueだよな(氷室の時はDreamin'でちょっとがっかり)。生布袋、かっこよすぎ!私のイメージ通りのギタリスト布袋でした。それと何より感激したのは布袋の心遣い。とりあえず私の描いたヘタな会場見取り図を見てください。

Photo_3

これまでこんなステージ構成見たことがない。花道は飾りじゃなく、布袋は縦横無尽に走り回りギターを弾きまくる。きちんとポイントを変えながら、満遍なく客席、それも後方スタンド席に向かってこれでもかって演奏するんです。そしてサブステージもお立ち台ってだけじゃなく、小さなドラムセットを置いてウッドベースと共に3ピースで演奏をやったりときちんと活用していました。また、時折MCで「後ろの人、ちゃんと見えてますか?」なんて聞くんですよ!アリーナだけでなくみんなに平等に楽しんでもらいたい、そんな布袋の心意気、最高のエンターテイナーぶりに感動です!こんなに後方の観客を気にかけるライブなど経験したことがなかったし、アリーナメインになるのは当然とずっと思っていたので、後方座席の私は本当に嬉しかった。おかげで後ろから2列目なのによく観えたというわけです。

最後に布袋のMC。「俺も50歳だけど、みんなも歳をとって仕事や家庭でつらい時もあると思う。俺はそんなみんなにエールを送り続ける。お互い夢に向かって頑張って行こう!」。この前の吉川についてのブログでも書きましたが、最近こういう言葉がホント胸にしみる。布袋があんなにいいMCをやるとは意外でした。

20年以上前から私の持ち続けているギタリスト布袋のイメージそのままで、少しもイメージダウンのない素晴らしいライブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »